オルカン(全世界株式)を毎月30万積み立てた場合のシュミレーション

始まった新NISA 口座開設状況や一番人気の投資信託は

2024年1月から新NISAが始まり、2ヶ月が経ちました。

昨年末時点でのNISA口座数は2,136万口座(18歳以上の人口は約1億500万人中)と、1年で19%増えたとのことです。
※【NISAが1年で2割増の2136万口座に-資産形成手段にと金融庁長官数

SBI証券や楽天証券のランキングを見ると、ここまで2ヶ月の投資信託一番人気は「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー・ワールド・インデックス)」だったようです。

全世界株式 オルカン オールカントリー

そんな【eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー・ワールド・インデックス)=通称オルカン】の、主な特徴は3つ
信託報酬が安い
世界に分散できる
純資産総額(残高)が多い
です。

具体的には

【①最低水準の信託報酬】

オルカンは2023年9月に信託報酬(運用や管理にかかる費用)を年率0.1133%(税込)から0.05775%(税込)に引き下げ、業界最低水準となっています。

さらに「業界最低コストを目指し続ける」という宣言もしていますので、今後も業界最低水準を維持していく方針です。

【②世界に分散できる】

オルカンは、日本を含む先進国や新興国など全世界の株式(約3,000銘柄・47カ国)に分散投資できるインデックスファンドで、世界各国市場の時価総額約85%をカバーしています。

【③純資産総額(残高)が多い】

①にも通ずることですが、オルカンは2024年1月に純資産総額(残高)も2兆円を突破し、業界全体でも3位の水準です。

ちなみに、先日亡くなってしまった経済評論家の山崎元さんも、オルカンを勧める一人でした。

全世界株式 オルカン オールカントリー 組み入れ銘柄

【eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)組み入れ国】

具体的な組み入れ国は、日本を含む23の先進国と24の新興国株式で構成されています。

先進国株式約84%新興国株式約10.4%国内株式が約5.5%の比率です(2023年11月末時点)。

先進国株式では米国株式の比率が約60%欧州株式が約20%の内訳です。

・アメリカ 60.4%
・日本 5.5%
・イギリス 3.5%
・フランス 2.8%
・カナダ 2.7%
・スイス 2.3%
・ドイツ 2%

また、中国株66銘柄を外すことが報じられた先日の下記ニュースなど
MSCI指数、中国66銘柄除外 日印へ資金シフト拍車も】、随時銘柄などの見直しもされています。

【eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)組み入れ銘柄】

・アップル 4.5%
・マイクロソフト 4%
・アマゾン 2%
・エヌビディア 1.8%
・アルファベット 1.5%
・メタ 1.1%
・テスラ 1%
などを中心に、約3,000銘柄に分散投資を行っています。

新NISAは理論上、早く埋めれば埋めるほど有利

そして、新NISAでインデックスファンドに投資する場合、過去のデータで考えると、理論上は早く埋めれば埋めるほど有利となります。
(例)年利5%として5年で1,800万埋めるのと、30年で埋めるのでは約3,000万円の差が出る

そのため、今回は新NISAの限度額である1,800万を毎月30万×5年の最速で埋めた場合のシュミレーションをしてみたいと思います。

全世界株式 オールカントリー オルカン シュミレーション

年利7%だった場合のシュミレーション

まず、7%の利回りで計算してみます(過去30年間でのオルカン年平均リターンは約7%)。

シュミレーションとしては、2024年1月時点で40歳として、三菱UFJアセットマネージメントの【こちら】で計算しました。

まず、新NISAが始まった2024年1月〜2028年12月までの5年間、毎月30万円を積立します=2028年12月に限度額1,800万に到達。

7%の利回りの場合、積立開始から5年後の2029年(45歳)には2,135万(元本1,800万)になり、ここから積立はできなくなりますが、5年後時点のこの2,135万円の運用はそのまま続けた場合

→さらに5年後の2034年(50歳)には2,994万円

10年後の2039年(55歳)には4,199万円

15年後の2044年(60歳)には5,890万円

20年後の2049年(65歳)には8,261万円

25年後の2054年(70歳)には1億1,587万円

30年後の2059年(75歳)には1億6,252万円

になります。

年利5%の場合のシュミレーション

続いて、年利5%(国民年金の運用などは4%想定で考えられています)で計算してみると、同じく2024年から毎月30万積立を開始し、5年後の2029年(45歳)には2,034万(元本1,800万)になります。

そこから積立はできなくなりますが、5年後時点の2,034万円の運用はそのまま続けた場合

5年後の2034年(50歳)には2,595万円

10年後の2039年(55歳)には3,313万円

15年後の2044年(60歳)には4,228万円

20年後の2049年(65歳)には5,396万円

25年後の2054年(70歳)には6,887万円

30年後の2059年(75歳)には8,790万円

になります。

資産寿命を延ばす取り崩しシュミレーション

次に、取り崩しシュミレーションもしたいと思います。

三菱UFJアセットマネージメントの取り崩しシミュレーションはこちら

野村アセットマネージメントの取り崩しシミュレーションはこちら

①例えば上述したように、最初の投資から15年後(2039年・55歳)に、それまでの利回り7%であれば4,199万・利回り5%であれば3,313万になった時点で、一括売却はせず、7%の場合は毎月30万取り崩し(売却)ても約23年間(78歳)・5%の場合でも取り崩し金額を10万円下げて毎月20万円ずつ取り崩せば、同じ約23年間(78歳)、資産が0になることはありません(残額は引き続き運用され続けるので)。

②取り崩し開始の年齢を、最初の投資から20年後(2044年・60歳)にした場合、それまでの利回りが7%であれば5,890万・利回り5%であれば4,228万ですので、一括売却はせず、7%の場合は毎月30万取り崩し(売却)ても60年以上(120歳超)・5%の場合でも取り崩し金額を10万円下げて毎月20万円ずつ取り崩せば、約40年間(100歳)、資産が0になることはありません

この金額には将来受け取る予定の年金は含まれていませんので、一括売却ではなく、取り崩し(一部売却)という選択肢を選ぶことで、さらに資産寿命を延ばし、その期間にさらに資産を増やすことができます。

出口戦略までイメージすることが重要

新NISA 終わり方 出口戦略

始まったばかりの新NISAですが、日本のNISAがお手本とした英ISAに改革案が浮上しているように、今後日本のNISAの制度内容も、細かい点も含め、変わる可能性はかなり高いと思います。

そういった中で、新NISAでのインデックスファンドへの投資については、長期運用でリスクを軽減することと同じように、出口戦略のイメージも描いておくことが大切だと思っています。

今回は、全世界株式(オルカン)を最速で限度額まで埋めた場合でシュミレーションしてみましたが、新NISAは最低100円から積立可能です。

始めるか迷っている方などは、まずご自身が負担にならない金額でシュミレーションしてみて、出口までの戦略をイメージしてみることをオススメします。

【関連記事】
つみたてNISA口座をひふみ投信からSBI証券に変更する方法
三井住友NLカードを使ってSBI証券でつみたてNISAを始める方法
SBI証券でつみたてNISAの買付を設定する方法
つみたてNISA(ひふみ投信)の売却(解約)方法