2歳児と葛西臨海公園でBBQとひまわり畑

葛西臨海公園 観覧車 夕日 夕方

2歳5ヶ月になって

2歳5ヶ月になった「ショベルカー」をずっと「ショベベカー」と言っている息子。

先日、初めて40度の熱が出て、家で2人で過ごしている時も、初めて見るぐらい弱っていて心配な日々が数日間続いたが、4日目には昨日までが嘘だったかのように、いつもの息子に戻って安心した。

そして、相変わらず日々その成長に驚かされているが、先日は探していた私のワイヤレスイヤホンの片耳が、オムツから出てきた時はビックリした(笑)

オムツに隠したことを忘れていた本人も同じぐらい驚いていたが(笑)

また、これまでお風呂から一緒に出た後、私が体を全て拭いていたのだが、最近は自分でやるようになり、ほぼ拭けていないのだが、一丁前に1人で拭き拭きし、私が「背中だけパパやって良い?」と聞くと、仕方なさそうにバスタオルを渡してくるほどに、さらに色々とできるようになったし、それ以上に驚くのが言葉だ。

最近では違和感なく普通に会話できる。

さらに「パパのこと大好きなの」のように、大好きなのというフレーズがブームのようで、「枝豆大好きなの」「イチゴ大好きなの」「野菜ジュース大好きなの」「豆乳大好きなの」「ソフトクリーム大好きなの」など、しょっちゅう自分が好きなものを発表してくれる。

また、以前から続く大人の言い方の真似をするのも続いていて、「暑いね」「怖い人入ってくるから鍵閉めてね」など、その言い方や表情にいつも笑わせてもらっている。

が、先日散歩中に出会った警備員さんに息子が手を振ったのだが、警備員さんは別の方向を見ていて気付かず。

すると息子が大きな声で「警備員さん手振ってくれなかったね」と言った瞬間はちょっと焦った(笑)

そして、最近のお気に入りの本は「まねっこぴたっ!どうぶつ からだをうごかすえほん」・私の両親から貰った「おおきなかぶ」「かばくん」などで、一番のお気に入りは、ゴミ収集車が大好きな息子にぴったりな本だと、見つけた瞬間思わず笑ってしまった「あつめる!はこぶ!せいそうしゃ」だ。

また、安藤忠雄さんが好きな私が読んでもらいたいと思った「いたずらのすきなけんちくか」は、最初の2,3回こそ楽しそうに読んだが、以降「読んで」と持ってくることはなかった(笑)

好きで言えば、家電量販店に行き、置いてある電子ピアノを弾くのも最近大好きで(その間私になぜか「踊って待ってて」と言ってくる)、毎日のように「パパ電気屋さん行こう」と誘ってくる。

が、先日はピアノ売り場に着くと3人の女の子の先客がいて、その女の子達に恥ずかしがり、その子達がいなくなるまで、ずっと私の足に隠れウジウジしていた(笑)

かと思えば、先日私の父が家に遊びに来てくれ、来て早々トミカを買いに行ってくれたのだが、私が「1個ね」と言ったのだが、2個手に持って父の所に走っていく積極性も兼ね揃えている(笑)

そして、2個どころか、カゴを用意していた父にはさらに驚かされた(笑)

この日はポンプ消防車と油圧ショベルを買ってもらっていた

また、先日家族でお寿司屋さんに行った際、茶碗蒸しを食べさせている途中で向かいの妻の席に移動した息子に「茶碗蒸し(まだ残ってるよという意味)」と言うと、息子が大きな声で「アオムシーーーーーーー!」と言い返し、走って抱きついてくる遊びがなぜか始まり、その日からそろそろ1ヶ月が経つが、今でも家などでその茶碗蒸し→アオムシ→からの走ってハグ遊びは続いている。
子供とお寿司 2歳

一つ気になっているのは、「アオムシ」を言った人が「茶碗蒸し」と言った人に向かって走って抱きつくのだが、私がアオムシ役をやらされることが9割なことだけ少し気になっている(笑)

ちなみに、嫌いな食べ物がないことにもいつも驚かされている。

私なんて小さい頃、椎茸など嫌いなものがいっぱいあったと記憶しているが、息子は椎茸はもちろん、何でも食べる。

その点は年の差40近いが、シンプルにいつも感心させられている。

2歳児の3度目の夏

そんな2歳児との3度目の夏。

家族としての大きな旅行は9月に予定しているが(沖縄)、最近の出来事を自分自身のために少し。

まず、今年の夏は地元の仲間達と皆家族を連れて城ヶ島(三浦半島)に行く予定だったのだが、約1名の曜日間違い事件により急遽パパと子供だけで集まり、中野平和の森公園に行った。

住所:東京都中野区新井3-37-78
駐車場あり(当日1日最大料金900円)

中野平和公園 子供 水遊び 2歳
地元の仲間のパパと子供だけで集まり、中野平和の森公園に行った際の写真

海に行くはずが、なぜ自分は今都内の公園にいるのか?と思った瞬間もあったが、子供達も子供達同士で遊ぶ時間は少なかったが、何だかんだ終始楽しそうだったし、初めて地元のパパだけで子供と遊ぶ時間は、自分的になんか面白かった。

来年はもっと遠くに皆んなで行きたいと思う。

また、自宅近くに帰った際、息子がふと「このお店入りたい」と言って初めて入ったお店が、同じ年頃のお子さんを持つという店長や店員さんの対応が凄く良く、息子の直感により、最後まで2人で楽しい時間を過ごすこともできた。

息子と葛西臨海公園にBBQへ

そして先日は、妻の友人達と葛西臨海公園にバーベキューに行った。

葛西臨海公園 観覧車
地上高117mの観覧車

公園に着くと、まずこんなひまわり畑が迎えてくれた。

葛西臨海公園ひまわり畑

葛西臨海公園 ひまわり畑

葛西臨海公園 景色 スポット 
奥に見えるのは展望レストハウスのクリスタルビュー

広い公園内の案内図を見ながら

葛西臨海公園 公園案内図

何とかBBQ場に到着。

葛西臨海公園 バーベキュー BBQ 手ぶら

BBQが始まってからは写真を撮るどころではなく、載せれる画像はないのだが、息子も1日楽しそうだったし、最近はあまり息子の前で他の子と遊ぶことがなかったが、この日久々に他の子供とボールを蹴ったりしていると、息子が嫉妬してくる瞬間を久々に見て私も笑ってしまった。

また、帰りに見た夕方の観覧車も良かったし
葛西臨海公園 駐車場 アクセス

この日は寄らなかったが、食事ができるお店や

葛西臨海公園 食事 お店

パークトレイン(約25分で1週する乗り物で3歳〜小学生までは1回150円・運休日水曜)や遊泳ゾーンも。

葛西臨海海浜公園 海 潮干狩り 海水浴

前に、葛西臨海水族園やパークトレインには乗ったことがあるが、今度は遊泳ゾーンにも行ってみたいと思う。

かなりイヤイヤが落ち着き始め、普通に会話もできるようになり、笑わせてもらうことがさらに増えた気がする。

かと思えば、このBBQ後、疲れ切ってソファーで寝てしまった表情などを見ると、まだまだ乳児みたいだなと思う瞬間もある。

彼にとっての3度目の夏が一瞬なように、彼と過ごす一瞬一瞬をこれからも大事にしていきたい。