2歳6ヶ月の子供と平日にマザー牧場へ

マザー牧場 牛 乳搾り

沖縄旅行が中止になった2日目はマザー牧場へ

前回の【台風で沖縄旅行をやめて2歳6ヶ月の子供と高尾山へ】の翌日、この日は千葉県にあるマザー牧場に行くことに。

行きは関東でも台風の影響か、時折雨もパラついていましたが、妻と本降りになったら最悪は木更津のアウトレットに変更しようと決め、何とか天気が持ち堪えてくれることを願いながら向かいました。

久しぶりに海ほたるをりましたが、びっくりするぐらい高速料金が安くなっていることに驚きました(昔は3,000円ぐらいした記憶ですが、800円でした)。

マザー牧場とは:
東京ドーム53個分の広さを誇り、産経新聞を創業し、東京タワーの建主としても知られる前田久吉氏により1962年2月に作られ、今は亡き母親への想いをこめて、「マザー牧場」と名付けられたそうです

料金:
大人(中学生以上)1,500円
小人(4歳~小学6年生)800円
駐車料金は別途1,000円(普通車)
マザー牧場 景色 景観 入口 花

住所・アクセス:
住所:千葉県富津市田倉940-3
東京から約70km
君津PAスマートIC(ETC車限定)から約8km
マザー牧場 景色 景観 全体

営業時間
2月~11月→土日祝9:00~17:00  平日9:30~16:30
12月~1月は→土日祝9:30~16:00  平日10:00~16:00
マザー牧場 景色 ペチュニア 桃色吐息

到着後、雨も止みベビーカーで園内へ

高速を降りてから山を登り降りし、マザー牧場に到着した頃には無事雨も止み、ほっとした気持ちでベビーカーと共に園内へ。

マザー牧場 まきばゲート 入場口 入口
「まきばゲート」と「山の上ゲート」の2カ所ある入口。私達は「まきばゲート」から

この日、自分で服を選んだことで、若干奇抜な服装に見える息子ですが、本人はノリノリで写真を撮られていました(笑)

平日ということもあって、駐車場もガラ空きでしたし、園内もチラホラ人がいる程度。

子連れより、犬連れの家族が多かった印象でした。

マザー牧場 記念写真 子供 乳児 2歳 栄えスポット
自分で選んだ若干奇抜な色合いの服を着て

園内に入り、まずは予約が必要なマザーファームツアーDXの予約窓口(ファームステーション)に行き、ツアーを予約(もう少し予約が遅かったら、中途半端な行動範囲を過ごすことになったので、マザーファームツアーDXに行かれる方は入場後すぐの予約をオススメします)。

その後、早速色んな動物の元へ行く息子。
マザー牧場 アヒル 写真 子供 2歳 乳児

犬や猫には慣れていますが、初めて見る動物には、恐る恐る触る場面も

マザー牧場 ひつじ 2歳 子供 乳児

触る時に、もう一つの手は必ず親の手を握りながら触るのが可愛かったです(笑)

マザー牧場 子供 2歳 乳児 動物 触れる

小動物には親の手を握ることなく1人で

マザー牧場 うさぎ

マザー牧場 動物との触れ合い 子供 2歳 乳児

入口近くに咲いていたペチュニア(桃色吐息)の前では満面の笑顔でダブルピース
マザー牧場 2歳 子供 乳児 写真

その後昼食に。

マザーファームツアーDXの時間が迫っていたので、集合場所から遠くない場所でと考え「まきばCAFE」で食べることに。
マザー牧場 まきばCAFE 食事処 昼食

私は鹿野山特製ビーフカレー大盛を注文。
マザー牧場 食事 鹿野山特製ビーフカレー

息子はお子様セットを。
マザー牧場 お子様ランチ 子供 乳児 食事 まきばCAFE

日本初の牧場アトラクション マザーファームツアーDX

そして、予約時間となったので、参加者しか入れない広大な専用エリア(全長2.4km)を、大きなトラクタートレインに乗って、動物を見たり触れ合ったりできる「マザーファームツアーDX」の集合場所へ。
マザー牧場 トラクター
料金:大人(中学生以上)1,600円・子供(4歳~小学生)900円
所要時間:約60分

働く車が大好きな息子は、トラクターはもちろん、タイヤの大きさに大興奮していました。
マザー牧場 マザーファームツアーDX

終始かなりハエが凄かったのは気になりましが、ガイドの方の説明が常にあり、そんな説明と共に色んな動物を見ながらトラクタートレインは進み
マザー牧場 牛 触れ合い

マザー牧場 牛 乳搾り

途中には餌やりタイムが。

「アルパカの唾に気をつけて下さい」と言われ私は恐る恐るでしたが、息子はガンガン進みアルパカの元へ。

怖がる様子もなく、上手に餌をあげていました。
マザー牧場 餌あげ アルパカ 子供 2歳 乳児

その後、羊などの餌やりにも成功
マザー牧場 餌あげ

また、牧羊犬も間近で見ることができましたし、すれ違う動物さん達には必ず手を振っていました(笑)

マザー牧場 牛 触れ合い 触れる 子供

途中で配られた蜂蜜は相当美味しかったようで、私の分も欲しがり、1人で2つ食べていました(笑)
マザー牧場 蜂蜜 はちみつ

ソフトクリームや室内ショー・あひるの大行進も堪能

その後、「ローズマリーCAFE」でソフトクリームも。
マザー牧場 ローズマリーCAFE ソフトクリーム

息子と2人で1つを食べたのですが、最近共有が上手くなり、このソフトクリームも「パパも食べて良いよ」と常に言ってくれましたが、コーンに突入すると9:1の割合で息子が食べていました(笑)
マザー牧場 ソフトクリーム

また、なかなかじっと座っていなかった2歳児が約1名いましたが(そのため写真は1枚も撮れませんでした)、何とか室内ショーも見て

マザー牧場 わんわんバス
牧場内の移動に便利なわんわんバス(1回400円)

雨の場合は中止になると言われていた「あひるの大行進」も、天気がもってくれたことで見ることができました。
マザー牧場 アヒル

最後に、観覧車やメリーゴーランドなどがある「わくわくランド」で何かに乗りたがりましたが、乗るためのコインを買いに行く途中で茶々を飲んだら忘れたのか、芝生を駆け回って満足していました(笑)

マザー牧場 子供と 芝

そんなこんなで時刻は夕方になり、息子も満足したようだったので帰路に。

アクアラインの渋滞に若干ハマって身動きが取れない時間もありましが、2時間かからず家に到着。

息子はもちろん、親にとっても朝から1日楽しむことができ、満足な1日でした。

こういう体験系は、今後ももっともっと連れて行ってあげたいと思います。